うつは、どうやって治すの?うつ病は治せる病気です

うつ病を克服したいなら休息が必要|効果的な治療法

心の病と闘う上で必要な事

メンズ

うつ病になると日常生活に支障をきたすことが多いので、しっかりと病院に行って治療することが大切です。また、うつ病について詳しく知ることで克服に近づくことができます。治療法としては精神療法や電気けいれん療法などが存在するようです。

もっと読む

専門家のサポートが重要

病院

うつ病克服のためには精神科や心療内科など、専門スタッフのサポートを受けることが大切です。処方薬やカウンセリング療法などにより、自分一人で悩みを抱え込まないようにすることがその症状改善の第一歩となるのです。

もっと読む

うつに苦しむ現代人

ナース

現代社会はストレスが多く、うつ病患者は年々増加の傾向にあります。うつ病を克服するためには、正しい知識を身に付けること、そして周囲の理解と援助が必要不可欠です。ストレス耐性が弱い人は、予めその解消法について熟知しておくと良いでしょう。

もっと読む

精神疾患への対処法

婦人

うつ病の克服を目指す際には、身近な家族の協力を仰ぐのが一つの方法です。家族の協力が得られれば、環境も変えやすくなります。家族のためのケアも試みられるようになっており、子供向けの絵本などが登場している状況です。

もっと読む

自分に打ち勝つ

女性

うつ病の初期段階では、本人には自覚がなく周囲も見過ごしがちで、症状が深刻になるまで気がつかないことが多々あります。うつ病の克服までにはかなりの時間がかかりますが、医師や家族などのサポートを受けながら自分で治そうという意思と努力で克服は可能です。

もっと読む

医師との絆作り

医師

いい医者の見分け方

うつ病を疑うと、誰でも大抵は病院へ行きます。しかし、「いい医者」を見つけることができないと、その後の治療に影響が出てくるのでとても重要なことになります。なぜかと言うと、医者の中には「薬を出すだけ」とか「点数を稼ぐだけ」、「患者の話を聞いてくれない」など、このような医者がいる場合があります。ですから、うつ病を克服するためには、まず「いい医者の見分け方」を知っておかなければならないのです。「いい医者の見分け方」は、まず受診した時に「うつ病は克服することができるか」と聞くことがポイントになります。ここでの返答で、「治らない」や「薬を飲み続けるしかない」などという医者は信用できません。何故ならば、うつ病は克服できる病気だからです。ですから、ここでの返答は、「うつ病は治ります」とか「一緒に頑張りましょう」などと返答してくれる医者が「いい医者」の見分けるポイントとなります。次に、うつ病と診断される人の8割は、まず「内科」を受診するようです。なぜなら、不眠や頭痛、食欲不振などの症状が発症することが多いため、一番先に「内科」へ行く人が多いと言われています。

自分に合った医師選び

しかし、内科でもいいのですが、うつ病は「心の病気」と呼ばれている病気なので、できれば、精神科をお勧めします。精神科の特徴としては、うつ病に対応できる専門の科です。特殊な「精神保健福祉法」という法に基づいて、様々な精神科にしかない「権限」を持っている科です。最近では「神経内科」もあり、精神科と一緒に診ている病院も多いため、神経内科と精神科を間違える人も多いです。あくまでも神経内科は「体の病気」としての「神経」を診るところで、精神科は「心の病気」を診ているところですので注意が必要です。そのほかにも「総合病院」内には精神科や心療内科もあります。総合病院で治療を受けることのメリットは、他科の疾患も合わせて一つの病院で診てもらえるところですが、医師は「勤務医」なので転勤があります。ですから長期の通院の場合は担当医が変わることがあります。そのため、通院が長期化することも考えると、自分が通いやすいところを選ぶことも重要です。そして、一番気を付けないといけないことは、病院選びよりも医師選びになります。医師にも様々なタイプがいるので、自分にあった医師を選び、医師との「絆」が作れるかどうかで、うつ病を克服できるようになるでしょう。

Copyright © 2016 うつ病を克服したいなら休息が必要|効果的な治療法 All Rights Reserved.